石窯に屋根を設置しました

雨が降ると石窯を使用できませんでした。雨天でも使用できる屋根を作りたいとずっと思っていましたが、やっと屋根を作ることができました。

以前ボーイスカウトで作ったときは費用を抑えるために屋根材として安い波板を使用しましたが、体験農園なので今回は見栄えを重視して、北米の家でよく使用されるシングルアスファルトを使用することにしました。

合板を張った上にルーフィングを貼り付け、シングルアスファルト材を一枚ずつ釘(シングルネイル)とシングルセメントを使って固定していきます。かなりの費用と時間がかかりましたが、満足のいく屋根ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。